名刺や見出しカードを作りたい!自作する方法や業者に依頼する時のポイントを解説

名刺や見出しカードはビジネスでよく使うアイテムです。職場が変わって新しい名刺が必要になった、使っていた見出しカードが古くなってしまったなどの理由で、新しいものに替えようと思っている人もいるかもしれません。

今回は新しい名刺や見出しカードを作ろうとしている人に向けて、自作する方法や業者に依頼する時のポイントなどを解説していきます。

パソコンとプリンターがあれば簡単にオリジナルの名刺を作れる!

パソコンとプリンターを持っている人なら、自分で名刺を作ることもできます。いくつか方法はありますが、一番簡単なのはWordを使った方法です。Wordは名刺のデザインの作成や印刷に対応しているので、普段からWordを使っている人であれば問題なく作成できるでしょう。

名刺を印刷するための用紙が売られているのでまずはそれを用意します。Wordの用紙設定を開くと、品番を登録する項目があるのでそこに購入してきた用紙の品番を入力します。後は文書を作る時と同じように名刺のデザインを作成していきます。

フォントや文字の大きさ、配置などを決めて好みのデザインを作成していきましょう。デザインが出来上がったら印刷すれば完成です。一からデザインを作成するのは難しいという人もいるかもしれません。その場合はテンプレートを使って作成する方法もあります。

Wordにも名刺用のテンプレートが入っていますが、ネットで配布されているものもあるので、好みのテンプレートを探してみるとよいでしょう。テンプレートをWordに読みこめば、ある程度のデザインが完成した状態で始められるので、名前や住所などを変更するだけで簡単に名刺を作成できます。

見出しカードを自分で作る方法は?

まず見出しカードとインデックスシールを購入します。どちらも家電量販店やホームセンターで売られていますが、見つからない時はネット通販を利用しましょう。インデックスシール用のテンプレートがあるのでそれを用意し、パソコンで好きなデザインを作成し印刷します。

印刷したインデックスシールを見出しカードに貼れば、オリジナル見出しカードの完成です。仕上がりを綺麗にするために、見出しカードとインデックスシートのサイズが合うかどうかチェックしておきましょう。

自分で作る自信がない人は業者にお願いしよう!

パソコンやプリンターを使えば簡単に自分でオリジナルの名刺や見出しカードを作ることができますが、パソコンの操作が苦手でちょっと自信がないという人もいるでしょう。

そういう時は業者にお願いしたほうが無難です。当然料金はかかってしまいますが、プロにお願いすれば手軽に質の高い名刺や見出しカードを作ることができます。

使いやすいデザインツールが用意されている業者を選ぼう!

名刺や見出しカードを印刷、作成してくれる業者は色々ありますが、デザインツールを用意してくれている業者がおすすめです。業者によってデザインの入稿方法が変わります。中にはデザインのファイルを自分で用意して、それを提出しなければならない業者もあります。

その場合、デザインを作成するためのソフトを自分で用意しなければなりません。デザインツールを用意してくれている業者なら、注文する時にデザインを一緒に作成することができます。自分でソフトを用意する必要もないですし、専用のツールがあればファイル形式やサイズの問題を気にする必要がないのでかなり楽です。

テンプレートが充実している業者がおすすめ!

テンプレートが充実している業者を選べば、誰でも簡単にクオリティーの高い名刺や見出しカードを作ることが可能です。名刺は用途によって最適なデザインが変わります。ビジネス用やプライベート用、シンプル系、おしゃれ系など様々なテンプレートが用意されていれば、用途に合わせて最適なデザインを作成できます。

テンプレートを選び、ツール上で簡単な文字入力をするだけでデザインが完成するので時間も手間もかかりません。

用紙の選択肢が多い業者が利用しやすい

選ぶ用紙によって印刷の仕上がりは大きく変わります。名刺でよく使われているのが上質紙です。昔からある用紙で、ハガキなどにも使用されています。安価で様々な用途に使えるということで需要が高いです。名刺に写真を印刷するのであれば、光沢紙が向いています。

紙の表面が薬剤でコーティングされているので、インクが紙の奥まで染み込まず発色が鮮やかです。他にもつや消し加工が施されたマット紙や、鏡のような光沢があるミラーコート紙など様々な種類があります。また、用紙の厚さも名刺や見出しカードを作る時の重要なポイントです。

厚さが数ミリ違うだけで、手触りや見た目の印象が変わってきます。用途に合わせて選べるように、用紙の種類やサイズを豊富に揃えている業者を選ぶと安心です。

事前に納期もチェックしておく

業者によって納期が変わるので、完成するまでにどの程度の期間がかかるのか事前にチェックしておきましょう。名刺や見出しカードはビジネスで利用することが多いので、少しでも早く手元に欲しいというケースもありますよね。

必要な時に用意出来ていないと仕事に支障をきたしてしまうかもしれません。業者の中には即日出荷に対応しているところもあります。そういった業者を選べば、急を要する時も安心です。しかし、納期を短くしてしまうと選べる用紙やデザインに制限が出ることもあるので注意してください。

試しに数枚だけ作ってみるのもおすすめ!

ネットで業者に印刷をお願いする場合、完成品が手元に届くまで仕上がりを確認することができません。パソコン上でデザインをすることになりますが、使っているモニタによって色合いも変わってくるので、完成品が自分が想像していた仕上がりと違うというトラブルは十分起こり得ます。

初めて利用する業者であれば、試しに数枚だけ依頼してみるのもよいでしょう。一度完成品を確認し、品質に満足できたら大量に注文するというようにすれば、失敗を最小限に抑えることができます。品質保証をしてくれる業者を選ぶのも1つの方法です。

商品に不備があった時に全額返金してくれたり、満足できなかった時に返品に対応してくれたりする業者なら、初めてでも安心して利用できますよね。万が一トラブルが起こった時にもしっかり保証してくれる、信頼できる業者を選ぶようにしましょう。

自分に合った方法でオリジナルの名刺や見出しカードを作ろう!

名刺や見出しカードは業者に依頼するだけではなく、自分で作ることも可能です。手間はかかってしまいますが、自分で作れば費用も安く抑えることができるでしょう。

ビジネス用として品質の高い名刺を作る時は業者に、とにかく費用を抑えたい時は自分で印刷するといったように、自分に合った方法でオリジナルの名刺や見出しカードを作りましょう。