名刺を作っておくと便利

仕事の場で名刺を利用している方は多いでしょう。しかし、それ以外の場面で利用することはあまりないはずです。しかし、自分の情報を伝えるうえで非常に便利なツールとなりますから、いろいろな場面で活用していきましょう。

活用の仕方や作り方などについてまずチェックし、取り入れられるところから取り入れてみてください。

スピーディーに情報を伝えられる

初めて会った方などには自分のことを伝えていく必要が出てきます。

仕事の場ではそれを名刺交換を通して行うわけですが、プライベートではなかなか難しいものです。じっくり話す時間がない場合には、自分のことを知ってもらうことも、相手のことを知ることもできないでしょう。

よくあっている人だけれど名前がわからないこともあるものです。時間をかけて相手を知ることも必要ですが、最初の段階ではそれが難しいですし、つながりを深めるきっかけも失ってしまいがちです。その時に名刺を使えば、名前や住所など基本的な情報を相手に伝えることがしやすくなります。

じっくり話す時間がなくても、小さな紙を渡すだけでよいためです。今は直接人と話をすることが難しい状況でもありますから、話すことを名刺を渡すことに変えることにも大きなメリットがあるでしょう。

読みづらい漢字の名前などの場合には大いに役立ってくれます。特に口では伝えにくい電話番号やメールアドレスなど、連絡手段についても知らせやすくなりますから、今後のコミュニケーションのきっかけともなってくれるはずです。

このように、人とのつながりを広げていきたいプライベートだからこそ、名刺は必要になるものでもあります。

メッセージカードの代わりとして

ちょっとしたプレゼントをするときに、直接手渡せないとなるとメモなどを付けることがあります。その際きれいなメモが手元にないとちょっと残念な感じがしてしまうでしょう。そのときに名刺を使うこともできます。名刺には名前や連絡先などが載っているので、ちょっとしたメッセージを裏面に書けばよいのです。

名刺数枚なら常に持っていることもできるので、ちょっとしたメッセージカードの代わりに使えます。もちろん伝言を残したいときなど仕事の場でも役立つことがあるでしょう。プライベートで利用するのであればメッセージカードとして使うことを考えておしゃれな色のものにしたり、裏にメッセージを書きやすいような形にしたりと工夫をしてみるのもおすすめです。

カットに工夫を凝らせばより華やかに見えるものにもなります。特にプライベートで使うものは自由に作ってよいのですから、手にした時に楽しくなるような素敵なものを作ってみましょう。

用途別に作っておくのもおすすめ

名刺は一種類ではなく、目的に応じて複数のタイプを作っておくのもおすすめです。すべての人に同じ情報を伝えることが適切ではない場合もあるでしょう。仕事なら個人の住所などは伝えないですし、趣味であればあだ名やハンドルネームを入れたり、メールアドレスを入れたりと工夫したくなってくるものです。

一つだけだと不要な情報まで伝えてしまい、後々トラブルのもとになることもありますから、複数作ることで必要なものだけ伝えるようにしておきましょう。

紙選びが重要

名刺は小さなスペースで表現するものです。仕事で使うのであればシンプルで見やすければよいですが、プライベートで趣向を凝らして作りたいなら、見た目が良いものを選んでいきたいものです。そこで重要になってくるのが、紙選びです。

使用する紙によって印象が大きく異なってきます。色によってイメージは変わってきますし、地模様などが入っているとよりお洒落に見えます。むしろシンプルに仕上げたほうが良い場合もあるでしょう。使う場面や受け取る人のことをイメージしながら、適したものを選んでみましょう。

しばらく保管してもらうことも多いものなので、ある程度丈夫なものを選んでいくこともポイントです。強度が足りないと持ち歩いているうちによれたり折れたりしがちなので注意しましょう。

フォントなどにもこだわって

名刺は限られたスペースで必要な情報を入れ、さらにおしゃれさをプラスしていきたいものですから、細かいところまでこだわっていく必要があります。そこで、文字のフォントなどにもこだわってみましょう。普段は気にしていなくても、文字の形によって受ける印象は変わってくることがあります。

シンプルでスマートな印象にしたいか、かわいらしい印象にしたいか、力強い印象にしたいかなど、自分の印象についても考え、それに合ったフォントを選んでいくようにするのがおすすめです。

自分で作るか依頼するか

プライベートで様々な場面において名刺を使う場合、少量のものをいくつか作ることになります。その場合には自宅にパソコンやプリンターがあれば自分でデザインして印刷するのが良いでしょう。専用の用紙なども販売されていますから、そういったものを使ってみると便利です。

アドレスなどが変更してもすぐに作り直すことができるのがメリットです。使い道がいくつかある場合やすぐに情報が変わる場合には、自分で少量作っていくのが良いでしょう。逆にしばらく情報の変更はなさそうなとき、しっかりした綺麗な印刷で作りたいときなどは業者に依頼するとよいです。

部数が多くなるほど単価は安くなりますから、必要枚数を考えて作り方を検討してみましょう。

名刺ケースもそろえて

名刺を渡す機会があるなら、名刺を持ち運んでいく必要が出てくることがあります。その時には専用の名刺ケースを用意しておくのがおすすめです。名刺が曲がることを防ぎきれいに渡せます。財布などに入れておくといつの間にか汚れたり曲がったりしてしまうので、突然使うときのために入れておくにとどめ、普段はケースで持ち運び利用するようにしましょう。

作成した名刺の数が多い時には保管しておくときにも汚れを防ぐために、持ち運び用とは別に保管するケースを準備しておくとよいでしょう。

名刺を使って人間関係を広げよう

名刺というと堅苦しいイメージもありますが、自分の情報を簡単に伝えることができる便利なツールでもあります。見た目や内容に工夫を凝らせば自分自身をアピールすることもできるようになるのです。手軽に使えるアイテムですから、ぜひ仕事だけではなくプライベートでもどんどん利用して、人間関係をより大きく広げていきましょう。